文学・小説

『愚行録』(貫井徳郎)の感想レビュー評判まとめ!面白さ・おすすめ理由・不満ポイント

ごはんよりも寝るよりも、何よりも本が好きで3000冊以上は読んでいる大友です!

こちらの記事では、そんな大友が貫井徳郎の『愚行録』について、読者への直接インタビューで聞いた生の感想・レビューをお届けしています!

大友

愚行録が、気になっている、あるいは読もうかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか?そんな時に読者の感想・レビューは参考になりますよね。

本記事では『愚行録』の以下項目について、かなり具体的かつ詳細な読者の声を掲載しています。

本記事で分かること

  • 愚行録の大まかな内容・要約・あらすじ
  • 愚行録の見どころや面白いと思うポイント・おすすめできる理由
  • 愚行録の不満や改善点
  • 愚行録のSNSでの評判

私は常々、自分の考えや見識に閉じていては世界が拡がらないと思っており、様々な方の書籍への感想や意見を参考にしながら、読む本を選んでいます。

しかし、Amazonや書評サイトのレビューって、文字数も少なくかなり浅い内容に留まってしまっている、と個人的には思っています。

もっとグッと深い読者の感想やレビューが読めたらいいのに・・・、と大友自身ずっと思っていました。そのように考える人は少なくないはず。

大友

本記事では、そのような私の思いを踏まえて、愚行録の深い感想・レビューをご紹介していきます。見どころ、おすすめの理由や不満まで聞いていて必ずや参考になると思いますのでぜひご覧ください!

愚行録の読者さん(インタビュイー)紹介

大友

最初に、感想レビューをお伺いした読者のプロフィールを簡単にご紹介します。

読者さん

30代男性で、スーパーで品出し作業などを行っています。"アルジャーノンに花束を"のようにメッセージ性のある本が好きです。

よろしくお願いします。

愚行録の概要

大友

それでは早速ですが、愚行録のおおまかな概要や要約・あらすじを教えてください。

読者さん

一見理想的に見える家庭が何者かにより惨殺され、事件は迷宮入りと化していました。形式としてはその一家の知り合いへのインタビューとして小説は進められ、各章ごとにインタビューを受けた人物による証言となっています。

果たして一家を惨殺したのは誰なのか、合間合間に犯人と思われる人物のちょっとした台詞などが散りばめられ、事件の真相を追うとともに、果たして本当にこの一家は理想的な一家だったのかという真相も明らかになっていきます。

愚行録の作者貫井徳郎プロフィール

大友

著者である貫井徳郎さんについて簡単にご紹介します。

作者は早稲田大学を卒業し、鬱な描写や後味の悪い描写の多い推理小説を多く書いている方です。

日本推理作家協会賞受賞だけでなく直木賞受賞候補にも上がった作品の著者でもあります。愚行録の作中にも早稲田大学の闇が出てくるので在学中色々と思うところがあったのかもしれません。

愚行録感想レビュー①:具体的な見どころ

大友

愚行録の具体的な見どころは何でしょうか?

読者さん

この小説の何よりの見どころはやはりインタビューを受ける人の証言により明らかになっていく被害者の日ごろの行いや、大学や就職活動、恋愛といった日本社会の闇の描写です。

慶応義塾大学の内部生と外部生の違いなど、知らない人にとっては衝撃的ともいえる日本の大学の奇妙としか言いようがない風潮が印象に残ります。

犯人はしっかりと明言され特に意外性はありませんが、インタビューをしている人がまさかの人物だったりとインパクトがある描写も多いです。インタビューを受ける人物によって一家の印象が大きく異なるという点も、実生活で人々が知らない間に他人にフィルターをかけて見てしまっているという風刺のようになっていてとても興味深いポイントです。

▼以下リンクからAmazonの商品ページへ飛べます▼
愚行録

愚行録感想レビュー➁:面白さ・おすすめできる理由や読むメリット

大友

なるほど。では愚行録はどんなところが面白いと思いますか?また愚行録をおすすめできる理由や読んでよかった点は何でしょうか?

読者さん

やはりこの作品の面白い点は芥川龍之介の"藪の中"のようにインタビュー形式になっている点でしょう。これにより人々の見方によってある同じ人物が単純に理想的な人間だったのか、それとも愚か極まりない問題のある人間だったのかなどが全く異なるように見えてくるということが面白いです。また芥川龍之介の"藪の中"とは異なり犯人が作中で明言されるのもスッキリするポイントでしょう。

日本の大学制度や大学の風潮、就職活動の問題点、恋愛の問題点の反面教師的内容の描写が多く単純に読んでいて社会勉強になりますし、文体が意図的に人間の醜い部分を晒しているようなのも作者の上手いポイントで読みがいがあります。

言わずもがな推理要素もしっかりあり、誰が一家に対して恨みを持っていそうなのか、それともさほど恨みのない犯行なのか、誰が犯した愚行の記録なのか、インタビューをしているのはそもそも誰なのかなど様々なことについて推理や考察ができる作品です。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『愚行録』を見る

愚行録感想レビュー③:不満に思うところや読むデメリット

大友

逆に、愚行録を読んで不満に思うことがや、改善を希望する点、読むデメリットがもしあれば教えてください。

読者さん

とにかく愚かな大学生への偏見や大学生の醜い部分の演出が過剰すぎるのが残念なポイントです。"いくら愚かな人間でもそんなことはしないのではないか?"という疑問や"そんな人ならとっくに他の人に嫌われているはずだけど"というような考えが正直読んでいて頭をよぎりました。

また犯人が明らかにそこまで計画的でない犯行を行っているのにアッサリ殺人犯として逮捕されていないのも大きな問題点だと思いました。いくら捕まらないようにしている協力者がいるとしても日本の警察なら簡単に犯人を捕まえられるのではないかというくらいトリックのようなものはなくただ単に犯行動機に着眼点が向けられているのがリアリティに欠けていて問題のある作品だなと思いました。

愚行録感想レビュー④:こんな人に向いている!読んで欲しい!

大友

ありがとうございます。最後に、愚行録をどんな人におすすめしたいですか?

読者さん

人間の醜い部分や日本の大学の風潮、大学制度の問題点、就職活動や恋愛においての日本の文化の問題点などに興味がある方に特にオススメできる作品です。

インタビュー形式の作品なので芥川龍之介の"藪の中"が好きな人にもオススメできます。

作品の陰惨とした人間の闇を描く雰囲気としては新堂冬樹の小説などにも近いものがあるのでこういう一見理想的に見える人間の裏の部分を描く小説が好きな方にも特にオススメできる小説です。心理学に興味がある方も良いと思います。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『愚行録』を見る

愚行録の評判口コミ

深堀りインタビューで伺った愚行録の感想レビューをご紹介しました。

加えて、愚行録のSNS上での評判を集めましたので宜しければご覧ください。

まとめ:愚行録はおすすめなのでぜひ読んで欲しい作品!

貫井徳郎の愚行録について、読者へのインタビューを通じて実際に読んだ深い感想・レビューや、ネット上での評判をご紹介しました。

大友

愚行録』面白そうですよね。興味がある、気になる方はぜひチェックしてみて下さい!

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『愚行録』を見る

-文学・小説

© 2021 大友書籍レビュー.COM