文学・小説

『悪いうさぎ』(若竹七海)の感想レビュー評判まとめ!面白さ・おすすめ理由・不満ポイント

ごはんよりも寝るよりも、何よりも本が好きで3000冊以上は読んでいる大友です!

こちらの記事では、そんな大友が若竹七海の『悪いうさぎ』について、読者への直接インタビューで聞いた生の感想・レビューをお届けしています!

大友

悪いうさぎは人気ですので、気になっている、あるいは読もうかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか?そんな時に読者の感想・レビューは参考になりますよね。

本記事では『悪いうさぎ』の以下項目について、かなり具体的かつ詳細な読者の声を掲載しています。

本記事で分かること

  • 悪いうさぎの大まかな内容・要約・あらすじ
  • 悪いうさぎの見どころや面白いと思うポイント・おすすめできる理由
  • 悪いうさぎの不満や改善点
  • 悪いうさぎのSNSでの評判

私は常々、自分の考えや見識に閉じていては世界が拡がらないと思っており、様々な方の書籍への感想や意見を参考にしながら、読む本を選んでいます。

しかし、Amazonや書評サイトのレビューって、文字数も少なくかなり浅い内容に留まってしまっている、と個人的には思っています。

もっとグッと深い読者の感想やレビューが読めたらいいのに・・・、と大友自身ずっと思っていました。そのように考える人は少なくないはず。

大友

本記事では、そのような私の思いを踏まえて、悪いうさぎの深い感想・レビューをご紹介していきます。見どころ、おすすめの理由や不満まで聞いていて必ずや参考になると思いますのでぜひご覧ください!

悪いうさぎの読者さん(インタビュイー)紹介

大友

最初に、感想レビューをお伺いした読者のプロフィールを簡単にご紹介します。

読者さん

地元の小売業に携わる、30代後半の男性です。エンタメ系から純文学まで、ベストセラーよりも知られざる名作を好んで読んでいます。

よろしくお願いします。

悪いうさぎの概要

大友

それでは早速ですが、悪いうさぎのおおまかな概要や要約・あらすじを教えてください。

読者さん

葉村晶は小さな探偵事務所と契約しているフリーランスの調査員で、多い時には月収が60万円を越えますが少ない時には6000円ほどにしかなりません。

今回の依頼は家出をした女子高校生・平ミチルを連れて帰って日当1万円を受け取るだけのはずが、同棲中の恋人から果物ナイフで怪我を負わされてしまいました。

傷がようやく癒えてきた1カ月ほど後のこと、今度はミチルの同級生・滝沢美和が行方不明になります。

更なる波乱が巻き起こっていく中で、葉村は連続女子高校生失踪事件の真相を解き明かすことができるのでしょうか。

悪いうさぎの作者若竹七海プロフィール

大友

著者である若竹七海さんについて簡単にご紹介します。

著者の若竹七海は1963年生まれの東京都出身、お菓子とコーヒーにぴったりな「コージーミステリー」を提唱する女性作家です。

2001年に文藝春秋から刊行された本作は日本推理作家協会賞にノミネート、2016年発表の「静かな炎天」ではマルタの鷹協会からファルコン賞が贈られました。

悪いうさぎ感想レビュー①:具体的な見どころ

大友

悪いうさぎの具体的な見どころは何でしょうか?

読者さん

最初の依頼人・平ミチルやクラスメートの滝沢美和が通っている、ミッション系スクール私立セイモア学園へと乗り込んでいく葉村晶が勇ましいです。

学校から歩いて8分程度の距離にあるのが歴史と自然が豊かな「武州郷土公園」で、ノスタルジックな武蔵野の面影がたっぷりでした。

無責任なペット販売業者が捨てていった何匹ものうさぎが、園内には放し飼いになっていて哀愁を感じてしまいます。

「悪いうさぎ」として囲いの中に入れられている、やたらと大きくて真っ白な1匹のうさぎのことも頭から離れません。

エリート主義の両親とお嬢様学校の校則にがんじがらめにされた少女たちと、絶対に柵の外へ出られないうさぎとの間なはそれほど違いはないのでしょう。

鬱屈とした日常から自由を渇望していた彼女たちが、ふとした瞬間に足を踏み外していく様子が何とも危なっかしいですね。

▼以下リンクからAmazonの商品ページへ飛べます▼
悪いうさぎ

悪いうさぎ感想レビュー➁:面白さ・おすすめできる理由や読むメリット

大友

なるほど。では悪いうさぎはどんなところが面白いと思いますか?また悪いうさぎをおすすめできる理由や読んでよかった点は何でしょうか?

読者さん

オープニング早々に負傷して病院送りとなる主人公・葉村晶ですが、「いまどき刃物で刺されるなど珍しくもない」というセリフからはタフでクールなキャラクターが伝わってきました。

31歳の独身女性であるが故に時おり嫌みな言葉を投げ掛けられるものの、自分自身の仕事に誇りを持って取り組んでいる彼女は動じません。

「フリー」と言えば職場にも人間関係にも縛られることがないのは良いですが、実際のところは電話1本で現場に駆け付ける何でも屋のような物でしょう。

上から目線で無理難題を吹っ掛けてくる依頼人たちにも、謙虚さと親切丁寧な応対を心掛けているところは見習いたいです。

いざという時には脇腹に仕込んである強化プラスチックの特殊警棒を取り出して身を守る格闘術、法律のプロフェッショナルとも裏社会の人間とも互角にわたり合う交渉術。

[孤高の女探偵が次から次へと舞い込んでくるトラブルに立ち向かっていく姿は、まさにハードボイルドの王道であり勇気を貰えますよ。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『悪いうさぎ』を見る

悪いうさぎ感想レビュー③:不満に思うところや読むデメリット

大友

逆に、悪いうさぎを読んで不満に思うことがや、改善を希望する点、読むデメリットがもしあれば教えてください。

読者さん

幾重にも入り組んだ事件の背後で見え隠れしているのが、昭和28年生まれの7人の男たちが集まって結成した「二八会」です。

売れっ子の弁護士から大手都市銀行の重役、大企業向けのコンサルタント会社の経営者からエリート官僚まで。

葉村が真実の核心へと差し掛かっていくにつれて、思わぬ方面から圧力がかかって調査が打ち切られるというちょっぴりほろ苦い場面も用意されています。

10代の女の子をターゲットにした高額報酬のアルバイトに手を出してしまった、ミチルや美和たちに待ち受けている運命はかなりショッキングでした。

完璧な真相究明と勧善懲悪を期待して読み進めていた方にとっては、少しモヤモヤが残って納得できない結末かもしれません。

悪いうさぎ感想レビュー④:こんな人に向いている!読んで欲しい!

大友

ありがとうございます。最後に、悪いうさぎをどんな人におすすめしたいですか?

読者さん

警察組織と大企業の馴れ合いや癒着、純真無垢な少女たちを食いものにする反社会的勢力の構成員たち。

男社会の不条理に打ちのめされながらも、恐れることなく前へ突き進んでいく葉村に心を揺さぶられました。

サラ・パレツキーの「V・I・ウォーショースキー」シリーズから、P・D・ジェイムズの「女には向かない職業」まで。

海外のミステリーや古今東西の女探偵ものを読破した、推理小説ファンの皆さんは是非とも読んでみてください。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『悪いうさぎ』を見る

悪いうさぎの評判口コミ

深堀りインタビューで伺った悪いうさぎの感想レビューをご紹介しました。

加えて、悪いうさぎのSNS上での評判を集めましたので宜しければご覧ください。

まとめ:悪いうさぎはおすすめなのでぜひ読んで欲しい作品!

若竹七海の悪いうさぎについて、読者へのインタビューを通じて実際に読んだ深い感想・レビューや、ネット上での評判をご紹介しました。

大友

悪いうさぎ』面白そうですよね。興味がある、気になる方はぜひチェックしてみて下さい!

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『悪いうさぎ』を見る

-文学・小説

© 2021 大友書籍レビュー.COM