文学・小説

『ヘル』(筒井康隆)の感想レビュー評判まとめ!面白さ・おすすめ理由・不満ポイント

ごはんよりも寝るよりも、何よりも本が好きで3000冊以上は読んでいる大友です!

こちらの記事では、そんな大友が筒井康隆の『ヘル』について、読者への直接インタビューで聞いた生の感想・レビューをお届けしています!

大友

ヘルは人気ですので、気になっている、あるいは読もうかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか?そんな時に読者の感想・レビューは参考になりますよね。

本記事では『ヘル』の以下項目について、かなり具体的かつ詳細な読者の声を掲載しています。

本記事で分かること

  • ヘルの大まかな内容・要約・あらすじ
  • ヘルの見どころや面白いと思うポイント・おすすめできる理由
  • ヘルの不満や改善点
  • ヘルのSNSでの評判

私は常々、自分の考えや見識に閉じていては世界が拡がらないと思っており、様々な方の書籍への感想や意見を参考にしながら、読む本を選んでいます。

しかし、Amazonや書評サイトのレビューって、文字数も少なくかなり浅い内容に留まってしまっている、と個人的には思っています。

もっとグッと深い読者の感想やレビューが読めたらいいのに・・・、と大友自身ずっと思っていました。そのように考える人は少なくないはず。

大友

本記事では、そのような私の思いを踏まえて、ヘルの深い感想・レビューをご紹介していきます。見どころ、おすすめの理由や不満まで聞いていて必ずや参考になると思いますのでぜひご覧ください!

ヘルの読者さん(インタビュイー)紹介

大友

最初に、感想レビューをお伺いした読者のプロフィールを簡単にご紹介します。

読者さん

地元の小売業に携わる、30代後半の男性です。エンタメ系から純文学まで、ベストセラーよりも知られざる名作を好んで読んでいます。

よろしくお願いします。

ヘルの概要

大友

それでは早速ですが、ヘルのおおまかな概要や要約・あらすじを教えてください。

読者さん

広々とした校庭のど真ん中に設置された高さ1メートル半ほどの朝礼台の上で、3人の男の子が押し合いへし合いしながら遊んでいます。

いちばん腕白で身体も大きい元山勇三、何か面白いことを考えるのが得意な落合信照、美少年だが気弱で他のふたりには逆らえない内田武。

この中のひとりが足を滑らせて台の上から転落して大怪我を負い、これまで築き上げてきた友情にもヒビが入り元には戻りません。

大人になった3人はこの世でもなくあの世でもない「ヘル」という場所で、再び巡り会うことができるのでしょうか?

ヘルの作者筒井康隆プロフィール

大友

著者である筒井康隆さんについて簡単にご紹介します。

筒井康隆は1934年生まれの大阪市出身、SFでデビューしてからジュブナイル・純文学までと幅広いジャンルで作品を発表しています。

2021年には新潮社から最新短編集「ジャックポット」を刊行、旺盛な創作意欲は80歳を越えても衰えていません。

▼以下リンクからAmazonの商品ページへ飛べます▼
ヘル

ヘル感想レビュー①:具体的な見どころ

大友

ヘルの具体的な見どころは何でしょうか?

読者さん

ある日突然に曲がりくねった記憶の道のりへと迷い込んでいき、ここにはないどこかへと到達する異色作です。

20代で夭逝したはずの元山勇三は気がついたら幼い少年の姿に、事故に巻き込まれて激しい損傷を受けたはずの内田武の肉体も元どおりに再生

一見すると平々凡々と年齢を重ねて落ち着いているように思える落合信照にも、少しずつ異変が訪れているので見逃さないでください。

ヘルの中をさ迷い歩く人々の変幻自在な姿かたちと、常識では計り知れない膨大な時間の流れと無限に近い空間の広がりには圧倒されるでしょう。

死んだはずの友人との涙ながらの再会だけでは終わらずに、自分を死に追いやった憎っくき相手や恋敵にひと泡吹かすシーンも用意されていてスカッとしますよ。

▼以下リンクからAmazonの商品ページへ飛べます▼
ヘル

ヘル感想レビュー➁:面白さ・おすすめできる理由や読むメリット

大友

なるほど。ではヘルはどんなところが面白いと思いますか?またヘルをおすすめできる理由や読んでよかった点は何でしょうか?

読者さん

「ちょっと権力を握っただけで、自分が神のようなものだと錯覚してしまう」とは、ヘルにやって来たばかりの武に人生の先輩としてこの場所の約束ごとを教える案内人の言葉になります。

いかに現世において莫大な富を手に入れて社会的な地位を築き上げていようとも、死んでからでは何の役にも立ちません。

限りある一生の中でひとりでも多くの人と交流を深めて理解し合い、その人たちと素晴らしい思い出を共有することこそが醍醐味なのでしょう。

]現世から引きずってきたありとあらゆる見栄や欲望からようやく解放された3人が、ひとつの決断を迫られる場面にも考えさせられました。

戦前に生まれて国民学校でバリバリの軍国主義教育、日本が第2次世界大戦へ突入すると農村部へ疎開、戦後は家庭を持ちサラリーマンとして順風満帆に出世しながらもひそかに執筆活動を開始。

著者のプライベートな戦争体験や苦労話も説教くさくない程度に盛り込まれているために、今の若い世代の方が手に取ると未知の人生観へ触れることができる1冊です。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『ヘル』を見る

ヘル感想レビュー③:不満に思うところや読むデメリット

大友

逆に、ヘルを読んで不満に思うことがや、改善を希望する点、読むデメリットがもしあれば教えてください。

読者さん

オープニングで勇三たちが朝礼台で繰り広げている悪ふざけには、無邪気な子どもならではの残酷さが隠されていました。

端から見ていると危なっかしいですが、当の本人たちは自分だけは絶対に台から落ちないと確信しているのでしょうか。

一見するとキラキラとした少年時代のエピソードの中にも、思わぬところに無意識の悪意が紛れこんでいることを痛感してしまうはずです。

友人との変わらない関係性を大切にしている皆さんが読むと、裏切られたかのように背筋がゾクッとしてしまうかもしれません。

神の救いも仏の慈悲も射し込まない「ヘル」を舞台にしたストーリーであるだけに、せめてクライマックスは3人の美しき友情で締めくくってほしかったですね。

ヘル感想レビュー④:こんな人に向いている!読んで欲しい!

大友

ありがとうございます。最後に、ヘルをどんな人におすすめしたいですか?

読者さん

罪を犯して逃走中の3人の少年たちが過去と繋がった一軒家へと逃げ込む、東野圭吾の大ヒット作「ナミヤ雑貨店の奇蹟」と読み比べてみると面白いかもしれません。

生者と死者が違和感なく共存共栄している世界観を描くのが上手い、浅田次郎の小説の愛読者にもお薦めします。

人と人が物理的な距離を取らなくてはいけないこのご時世、ふとした瞬間に寂しさを覚えてしまうことはありますよね。

幼い頃に仲の良かったあの子の顔や、普段はなかなか会うことができない同級生を思い浮かべながらページを捲ってみてください。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『ヘル』を見る

ヘルの評判口コミ

深堀りインタビューで伺ったヘルの感想レビューをご紹介しました。

加えて、ヘルのSNS上での評判を集めましたので宜しければご覧ください。

まとめ:ヘルはおすすめなのでぜひ読んで欲しい作品!

筒井康隆のヘルについて、読者へのインタビューを通じて実際に読んだ深い感想・レビューや、ネット上での評判をご紹介しました。

大友

ヘル』面白そうですよね。興味がある、気になる方はぜひチェックしてみて下さい!

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『ヘル』を見る

-文学・小説

© 2021 大友書籍レビュー.COM