文学・小説

『氷点』(三浦綾子)の感想レビュー評判まとめ!面白さ・おすすめ理由・不満ポイント

ごはんよりも寝るよりも、何よりも本が好きで3000冊以上は読んでいる大友です!

こちらの記事では、そんな大友が三浦綾子の『氷点』について、読者への直接インタビューで聞いた生の感想・レビューをお届けしています!

大友

氷点が、気になっている、あるいは読もうかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか?そんな時に読者の感想・レビューは参考になりますよね。

本記事では『氷点』の以下項目について、かなり具体的かつ詳細な読者の声を掲載しています。

本記事で分かること

  • 氷点の大まかな内容・要約・あらすじ
  • 氷点の見どころや面白いと思うポイント・おすすめできる理由
  • 氷点の不満や改善点
  • 氷点のSNSでの評判

私は常々、自分の考えや見識に閉じていては世界が拡がらないと思っており、様々な方の書籍への感想や意見を参考にしながら、読む本を選んでいます。

しかし、Amazonや書評サイトのレビューって、文字数も少なくかなり浅い内容に留まってしまっている、と個人的には思っています。

もっとグッと深い読者の感想やレビューが読めたらいいのに・・・、と大友自身ずっと思っていました。そのように考える人は少なくないはず。

大友

本記事では、そのような私の思いを踏まえて、氷点の深い感想・レビューをご紹介していきます。見どころ、おすすめの理由や不満まで聞いていて必ずや参考になると思いますのでぜひご覧ください!

氷点の読者さん(インタビュイー)紹介

大友

最初に、感想レビューをお伺いした読者のプロフィールを簡単にご紹介します。

読者さん

私は30代女性で、現在専業主婦をしています。

好きな本は三浦綾子さんの本全般です。

また、サスペンスもの、どろどろの昼ドラ恋愛系の本も好きです。

よろしくお願いします。

氷点の概要

大友

それでは早速ですが、氷点のおおまかな概要や要約・あらすじを教えてください。

読者さん

妻が逢引している最中に娘を殺害されました。

それが許せず、夫は、「汝の敵を愛せよ」というキリスト教の教えを口実に妻に復讐するために、娘を殺害した犯人の娘を養女にし、妻に育てさせます。

妻は最初は実の娘のように育ていましたが、あるとき自分の娘を殺害した犯人の娘ということを何かの拍子で知るようになります。

娘も大きくなり、冷たい仕打ちを受ける中で、自分の存在意義を考えるようになります。

本当のことを知ったとき、罪の意識にさいなまれるようになります。

氷点の作者三浦綾子プロフィール

大友

著者である三浦綾子さんについて簡単にご紹介します。

三浦綾子、1922ー1999、77歳で亡くなりました。

幼馴染がクリスチャンで、その影響で洗礼をうけることになります。

朝日新聞社の懸賞小説公募に氷点を投稿し、入選したのち、朝日新聞朝刊に連載されます。

その後ベストセラーとなり、ドラマ化されました。

キリスト教を題材とした内容が多く、ほかにも「塩狩峠」「積み木の箱」など多数執筆しています。

氷点感想レビュー①:具体的な見どころ

大友

氷点の具体的な見どころは何でしょうか?

読者さん

妻の不貞を許さず、自分の娘を殺害した犯人の娘を引き取るという衝撃的なシーンが忘れられません。

妻はもとより、引き取った自分自身も苦しめる羽目になり、何より引き取った子どもの人生を狂わせる衝撃的な始まりです。

その後、殺人犯の娘としった妻の怒り、憤り、むなしさ、憎しみが娘や夫に向けられ、そのやり場のない思いが鮮明に描かれています。

また、娘もどうして自分が様々な仕打ちを受けるのかわからず成長していくが、のちにその理由を知り、憎しみや悲しみよりも懺悔により自分を責め続けます。

三者三様の悲しみやつらさ、様々な思いが交差し、とても目が離せない作品です。

「赦し」とは何なのか、本当の意味で考えさせられる本です。

▼以下リンクからAmazonの商品ページへ飛べます▼
氷点

氷点感想レビュー➁:面白さ・おすすめできる理由や読むメリット

大友

なるほど。では氷点はどんなところが面白いと思いますか?また氷点をおすすめできる理由や読んでよかった点は何でしょうか?

読者さん

まず、殺人犯の娘を育てさせるという夫の狂気じみたところが本当に信じられませんが、そこがこの本の面白いところです。

妻も夫も娘も苦しめられるようになり、人生が狂い始めます。

妻も夫も殺人犯の娘ということを信じていますが、実は本当は殺人犯の娘ではないというところがさらに衝撃的です。

大どんでん返しがあるので目が離せず、とても見どころがあります。

小説だけでなく、なんどもテレビドラマ化されており、それもまた何度も見返すほどおもしろいです。

現実世界では考えられないようなことが小説の中で起こるので、どっぷり小説の中につかることができます。

キリスト教の「汝の敵を愛せよ」ということばが出てきますが、自分だったら本当にそんなことができるのか?赦しとはなにか?ということを真剣に考えさせられます。

三浦綾子さんの本はキリスト教の教えを取り入れているところが多いので、クリスチャンには人気がある本です。

本当の意味での「汝の敵」というのは何なのか、考えさせられました。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『氷点』を見る

氷点感想レビュー③:不満に思うところや読むデメリット

大友

逆に、氷点を読んで不満に思うことがや、改善を希望する点、読むデメリットがもしあれば教えてください。

読者さん

引き取られた殺人犯の娘が継母に冷たく扱われるのに、何一つひねくれず、性格がすごくよくて優しいのが少し気になります。

自分だったら、冷たい仕打ちをされたらすこしくらいひねくれて性格も悪くなりそうなのに、まったくそんな性格ではなく、反面教師なのか、それとも意図的なのかどうしても受け入れることができませんでした。

もう少し心の中の黒い部分をしっかり書いてくれてもよかったのに、妻と夫の仕打ちや思いが氷点では焦点に充てられているので、そこは少し残念かなと思います。

また、不貞について書かれているので、不倫などが苦手な方は読むのに抵抗があるのではないかと思います。

また、最初の段階の殺人犯の娘を引き取るという内容はかなりショッキングなので、受け入れがたい人もいるかもしれません。

氷点感想レビュー④:こんな人に向いている!読んで欲しい!

大友

ありがとうございます。最後に、氷点をどんな人におすすめしたいですか?

読者さん

不倫、嫉妬、妬みなど人間の奥底にある黒い部分がとても強く描写されています。

サスペンスやどろどろの昼ドラみたいな内容なので、そういうものが好きな方はお勧めです。

また、物事を深く考えさせられる内容なので、キリスト教の「汝の敵を愛せよ」という教えのほか、いろんな教えが出てきますので表面だけでなく、物事の本質をとらえることができる方にはおすすめです。

また、筆者自身もキリスト教なので、クリスチャンの方には、受け入れられやすい内容と思います。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『氷点』を見る

氷点の評判口コミ

深堀りインタビューで伺った氷点の感想レビューをご紹介しました。

加えて、氷点のSNS上での評判を集めましたので宜しければご覧ください。

まとめ:氷点はおすすめなのでぜひ読んで欲しい作品!

三浦綾子の氷点について、読者へのインタビューを通じて実際に読んだ深い感想・レビューや、ネット上での評判をご紹介しました。

大友

氷点』面白そうですよね。興味がある、気になる方はぜひチェックしてみて下さい!

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『氷点』を見る

-文学・小説

© 2021 大友書籍レビュー.COM