歴史 社会・政治・法律 自己啓発・教育

『日本国紀』(百田 尚樹)の感想レビュー評判まとめ!面白さ・おすすめ理由・不満ポイント

ごはんよりも寝るよりも、何よりも本が好きで3000冊以上は読んでいる大友です!

こちらの記事では、そんな大友が百田 尚樹の『日本国紀』について、読者への直接インタビューで聞いた生の感想・レビューをお届けしています!

大友

日本国紀が、気になっている、あるいは読もうかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか?そんな時に読者の感想・レビューは参考になりますよね。

本記事では『日本国紀』の以下項目について、かなり具体的かつ詳細な読者の声を掲載しています。

本記事で分かること

  • 日本国紀の大まかな内容・要約・あらすじ
  • 日本国紀の見どころや面白いと思うポイント・おすすめできる理由
  • 日本国紀の不満や改善点
  • 日本国紀のSNSでの評判

私は常々、自分の考えや見識に閉じていては世界が拡がらないと思っており、様々な方の書籍への感想や意見を参考にしながら、読む本を選んでいます。

しかし、Amazonや書評サイトのレビューって、文字数も少なくかなり浅い内容に留まってしまっている、と個人的には思っています。

もっとグッと深い読者の感想やレビューが読めたらいいのに・・・、と大友自身ずっと思っていました。そのように考える人は少なくないはず。

大友

本記事では、そのような私の思いを踏まえて、日本国紀の深い感想・レビューをご紹介していきます。見どころ、おすすめの理由や不満まで聞いていて必ずや参考になると思いますのでぜひご覧ください!

日本国紀の読者さん(インタビュイー)紹介

大友

最初に、感想レビューをお伺いした読者のプロフィールを簡単にご紹介します。

読者さん

30代男性です。

趣味は読書と小説執筆です。

本のジャンルは、サイエンス、自己啓発、一般文芸、ライトノベル、メンタルヘルスなど幅広く読んでいます。

よろしくお願いします。

日本国紀の概要

大友

それでは早速ですが、日本国紀のおおまかな概要や要約・あらすじを教えてください。

読者さん

歴史の教科書では語ることができなかった、本当の日本人の姿を示し、大和魂を奮い立たせてくれる本です。

日本は敗戦後、GHQのWGIP政策によって、戦争に対する後ろめたさのようなものを植え付けられています。

例えば、戦後の歴史の教科書において、朝鮮に対して非道徳的な占領行動に出たというような表現で表されています。

しかし、そうした見方は曲解されていることを知ることができ、本来の日本という国はどんな国なのか?ということを示してくれています。

日本国紀の作者百田 尚樹プロフィール

大友

著者である百田 尚樹さんについて簡単にご紹介します。

放送作家として、人気番組「探偵!ナイトスクープ」など多数の構成を行っています。

その後、特攻隊の零戦乗りを描いた作品『永遠の0』で作家としてデビューしました。

日本人の大和魂を呼び起こしてくれるような作風が多く、多くの人の心を揺さぶっています。

また、当著書『日本国紀』は65万部を超えるベストセラー本となっています。

日本国紀感想レビュー①:具体的な見どころ

大友

日本国紀の具体的な見どころは何でしょうか?

読者さん

真実の日本の通史という触れ込みではありますが、ページ量の配分が明治維新以降とそれまでで半分ずつに分かれているところがポイントです。

なぜなら、GHQのWGIPによって、日本の歴史が大きく日本国にとって不利益になるように改変されたのは、明治維新以降の部分となるからです。

そのような曲解された日本を正しく見つめなおすことによって、「本当の日本人の大和魂を取り戻そう」という、著者の意欲を感じさせられます。

また、『過去の結果としての歴史ではなく、未来の原因としての歴史を考えよう』という点も印象的でした。

これまでの過去を嘆いていても仕方がなく、過去を知ったうえでどのような行動を起こしていくか?ということが大切であるというように私は受け止めました。

▼以下リンクからAmazonの商品ページへ飛べます▼
日本国紀

日本国紀感想レビュー➁:面白さ・おすすめできる理由や読むメリット

大友

なるほど。では日本国紀はどんなところが面白いと思いますか?また日本国紀をおすすめできる理由や読んでよかった点は何でしょうか?

読者さん

日本はアメリカやヨーロッパのような他諸国と比べても、若者の自己肯定感が低いという調査結果が出ています。

これは国民性の問題もあるとは思いますが、大きくはGHQのWGIPによって、日本人という自分自身の存在自体に、自信が持てないようになっていることに問題があるのだということを知ることが出来ます。

私自身もまさに歴史の授業では、アジア諸国を欧米諸国から守ってきたという側面ではなく、アジア諸国を私利私欲のために占領してきたという習い方をしてきた覚えがあります。

こうした偏った見方をするように教えられてきた人たちにとって、はじめは「本当なのか?」という疑問が浮かび上がる本かもしれません。

しかし、最後まで読み通すことによって、「日本人は誇り高い民族なんだ」という本書が伝えたい志が、ひしひしと伝わってくる内容になっています。

歴史という壮大なバックボーンを通じて、自分自身の根本を見つめなおすことができる良書です。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『日本国紀』を見る

日本国紀感想レビュー③:不満に思うところや読むデメリット

大友

逆に、日本国紀を読んで不満に思うことがや、改善を希望する点、読むデメリットがもしあれば教えてください。

読者さん

歴史についてまとめてある内容なので仕方ないのですが、ページ数は500にも及んでいて、読み終えるまでには相当時間をかけなければいけません。

私自身も、1週間くらいかけてじっくり読みこんだ記憶があります。

普段から読書をする習慣がない人にとっては、少し過酷な取り組みになるかもしれません。

また、既存の歴史の学校教育という『常識』に囚われてしまっている人にとっては、「真実が常識と真逆だった」という論点に異議を唱えたくなるかもしれません。

ある程度、頭の中を柔軟にしながら読み進める必要がある内容です。

特に、天皇を奉る論調が続く本ですので、右翼や左翼などの言葉に敏感になっている人にとっては穿った見方をしてしまうかもしれません。

日本国紀感想レビュー④:こんな人に向いている!読んで欲しい!

大友

ありがとうございます。最後に、日本国紀をどんな人におすすめしたいですか?

読者さん

人生に対する意欲を失ってしまっている若者に読んでもらいたい内容になっています。

戦後の日本を物理的な意味ではなく、精神的な意味で支配下に置いたGHQの意図に気付くことで、「自信が持てないのは自分自身に原因があるのではなく、教育自体に問題があったのだ」と考え方を変えてほしいです。

私自身は理系なので、歴史には疎い方ですが、文系だったり歴史好きだったりすると、より幅広い視野で楽しむことが出来る内容かもしれません。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『日本国紀』を見る

日本国紀の評判口コミ

深堀りインタビューで伺った日本国紀の感想レビューをご紹介しました。

加えて、日本国紀のSNS上での評判を集めましたので宜しければご覧ください。

まとめ:日本国紀はおすすめなのでぜひ読んで欲しい作品!

百田 尚樹の日本国紀について、読者へのインタビューを通じて実際に読んだ深い感想・レビューや、ネット上での評判をご紹介しました。

大友

日本国紀』面白そうですよね。興味がある、気になる方はぜひチェックしてみて下さい!

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『日本国紀』を見る

-歴史, 社会・政治・法律, 自己啓発・教育

© 2021 大友書籍レビュー.COM