社会・政治・法律 自己啓発・教育

『真相 マイク・タイソン自伝』(マイク・タイソン)の感想レビュー評判まとめ!面白さ・おすすめ理由・不満ポイント

ごはんよりも寝るよりも、何よりも本が好きで3000冊以上は読んでいる大友です!

こちらの記事では、そんな大友がマイク・タイソンの『真相 マイク・タイソン自伝』について、読者への直接インタビューで聞いた生の感想・レビューをお届けしています!

大友

真相 マイク・タイソン自伝が、気になっている、あるいは読もうかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか?そんな時に読者の感想・レビューは参考になりますよね。

本記事では『真相 マイク・タイソン自伝』の以下項目について、かなり具体的かつ詳細な読者の声を掲載しています。

本記事で分かること

  • 真相 マイク・タイソン自伝の大まかな内容・要約・あらすじ
  • 真相 マイク・タイソン自伝の見どころや面白いと思うポイント・おすすめできる理由
  • 真相 マイク・タイソン自伝の不満や改善点
  • 真相 マイク・タイソン自伝のSNSでの評判

私は常々、自分の考えや見識に閉じていては世界が拡がらないと思っており、様々な方の書籍への感想や意見を参考にしながら、読む本を選んでいます。

しかし、Amazonや書評サイトのレビューって、文字数も少なくかなり浅い内容に留まってしまっている、と個人的には思っています。

もっとグッと深い読者の感想やレビューが読めたらいいのに・・・、と大友自身ずっと思っていました。そのように考える人は少なくないはず。

大友

本記事では、そのような私の思いを踏まえて、真相 マイク・タイソン自伝の深い感想・レビューをご紹介していきます。見どころ、おすすめの理由や不満まで聞いていて必ずや参考になると思いますのでぜひご覧ください!

真相 マイク・タイソン自伝の読者さん(インタビュイー)紹介

大友

最初に、感想レビューをお伺いした読者のプロフィールを簡単にご紹介します。

読者さん

私は29才の男性で、職業はWebライターです。

健康、トレーニング関連の本をよく読み、「強さ」を探求する内容の本が大好きです。

よろしくお願いします。

真相 マイク・タイソン自伝の概要

大友

それでは早速ですが、真相 マイク・タイソン自伝のおおまかな概要や要約・あらすじを教えてください。

読者さん

あのマイク・タイソンが自身の半生を赤裸々に明かした、自伝です。

マイクの独白によって語られる様々な栄光、挫折、事件の「真相」は、ボクシング史にその名を残した彼の内面を深く写し出し、一見強さと金だけに支配されているかのようにも見えるその人生に、幼少から始まる人間的な痛みがどれほど織り込まれていたかが書き綴られています。

ボクシングを知っている人も知らない人も、またマイク・タイソン自体を知らない人にも深い感銘を与える本です。

真相 マイク・タイソン自伝の作者マイク・タイソンプロフィール

大友

著者であるマイク・タイソンさんについて簡単にご紹介します。

作者のマイク・タイソンは、言わずと知れたボクシング元世界ヘビー級王者で、その言動、立ち居振舞い、様々な訴訟や事件によってもその名を知られています。

幼少期の貧しい暮らし、不良少年時代、栄光をつかんで以降の幾多のトラブル、収監、再起、引退後の映画出演など、その生き様はボクシング界を越えて注目を集めています。

真相 マイク・タイソン自伝感想レビュー①:具体的な見どころ

大友

真相 マイク・タイソン自伝の具体的な見どころは何でしょうか?

読者さん

この本の見所は、なんといってもその「独白」によって明かされるマイクの心にあります。

幼少期のトラウマから少年時代の悪行、そこからトレーナーのカス・ダマトに出会ってどうその心が変わっていったのか。

カスの死後、周囲に起きる様々な変化の中で生まれてくる葛藤、迷い、不安。

それとは裏腹な外の世界での豪遊。

そしてその合間に垣間見える孤独。さらにはボクシング引退後にも続くトラブルと依存、治療、喪失。

目まぐるしく変わっていく彼の人生にはしかし、そこにいつも愛情に飢えた子供の姿があります。

幼少のマイクの姿をイメージしながら読んでいくと、この長い半生に起こった全て、一人のさびしがり屋の子供が愛情を求めていく過程のようにも見え、一見すさんだような彼の人生にも読者は共感を覚えることができるのです。

▼以下リンクからAmazonの商品ページへ飛べます▼
真相 マイク・タイソン自伝

真相 マイク・タイソン自伝感想レビュー➁:面白さ・おすすめできる理由や読むメリット

大友

なるほど。では真相 マイク・タイソン自伝はどんなところが面白いと思いますか?また真相 マイク・タイソン自伝をおすすめできる理由や読んでよかった点は何でしょうか?

読者さん

ボクシングを知っている人にとっては、この本は「ノックアウトスピリット」がどんな風に現れ、それが一瞬の輝きの後に消えていく様が、儚くも燦然たる栄光と挫折のように見えることと思います。

しかし、この自伝ではボクシングをしていない時間の方に多くの分量がさかれ、それがいわゆるボクシング関連書とは大きく異なるところです。

ですからこの本は「ボクサー、マイク・タイソン」ではなく「人間、マイク・タイソン」の姿が赤裸々に語られた本です。

そしてその本当のマイクの姿は、弱さと寂しさを内に秘めた、どこにいてもおかしくない普通の人間だったのです。

ゆえに栄光と挫折に関する本であるだけでなく、人間性と心に関する本でもあります。

辛さ、悲しみ、愛情の欠如、大切な人との別れといった、人間にとって普遍的ともいえる感情について、正直に、ある意味では贅沢に描かれています。

最強であるとともに人一倍感じやすくて弱かったマイクの心には、深い真実味と人間の真理が写し出されているのです。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『真相 マイク・タイソン自伝』を見る

真相 マイク・タイソン自伝感想レビュー③:不満に思うところや読むデメリット

大友

逆に、真相 マイク・タイソン自伝を読んで不満に思うことがや、改善を希望する点、読むデメリットがもしあれば教えてください。

読者さん

この本はあくまでもマイク自身の言葉で全てが語られています。

そのため思い違いや一般的な感覚との相違があります。

もちろん「マイクはこう考えた」とはっきりと線引きして理解すればよいことですが、中には「マイクがこう言うならそうなんだろう」と考えてしまう人もいるかもしれません。

この本にはナイーブな内容も含まれ、マイクはその正直さゆえに、誰かを傷つけているようにも感じる発言をしています。

しかしそれはあくまでも「マイクはこう考えた」ということなので、事実とは別です。

この本を読まれる方には、どうか中立な立場で内容を判断してほしいと思います。

マイク自身に誰かを貶める意図はないの思うので、彼の発言に納得がいかなったとしても、それはあくまで「意見の相違に過ぎない」と認識していただけたら幸いです。

真相 マイク・タイソン自伝感想レビュー④:こんな人に向いている!読んで欲しい!

大友

ありがとうございます。最後に、真相 マイク・タイソン自伝をどんな人におすすめしたいですか?

読者さん

この本はある意味では心の成長に関する本です。

スポーツや格闘技、お金持ちや成り上がりといった枠組みを越えたところにある言葉で綴られています。

悩みをもつ人、孤独を抱えた人、強さを求める人、あらゆる痛みを乗り越えていく途中にあるすべての人にこの本を勧めます。

この本は勇気や知恵が書かれた哲学的な本ではなく、一人の弱い人間が、悩み、もがき、苦しみ、しかし悲観的ではなくエネルギッシュに自分の境遇に向き合ってきたひとつの歴史です。

誰の中にもいる弱い自分をありのまま肯定してよいのだ、そして少しずつ、その自分と一緒に強くなっていけばよいのだということを、この本は教えてくれます。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『真相 マイク・タイソン自伝』を見る

真相 マイク・タイソン自伝の評判口コミ

深堀りインタビューで伺った真相 マイク・タイソン自伝の感想レビューをご紹介しました。

加えて、真相 マイク・タイソン自伝のSNS上での評判を集めましたので宜しければご覧ください。

まとめ:真相 マイク・タイソン自伝はおすすめなのでぜひ読んで欲しい作品!

マイク・タイソンの真相 マイク・タイソン自伝について、読者へのインタビューを通じて実際に読んだ深い感想・レビューや、ネット上での評判をご紹介しました。

大友

真相 マイク・タイソン自伝』面白そうですよね。興味がある、気になる方はぜひチェックしてみて下さい!

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『真相 マイク・タイソン自伝』を見る

-社会・政治・法律, 自己啓発・教育

© 2021 大友書籍レビュー.COM