文学・小説

『拝み屋郷内 花嫁の家』(郷内心瞳)の感想レビュー評判まとめ!面白さ・おすすめ理由・不満ポイント

ごはんよりも寝るよりも、何よりも本が好きで3000冊以上は読んでいる大友です!

こちらの記事では、そんな大友が郷内心瞳の『拝み屋郷内 花嫁の家』について、読者への直接インタビューで聞いた生の感想・レビューをお届けしています!

大友

拝み屋郷内 花嫁の家が、気になっている、あるいは読もうかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか?そんな時に読者の感想・レビューは参考になりますよね。

本記事では『拝み屋郷内 花嫁の家』の以下項目について、かなり具体的かつ詳細な読者の声を掲載しています。

本記事で分かること

  • 拝み屋郷内 花嫁の家の大まかな内容・要約・あらすじ
  • 拝み屋郷内 花嫁の家の見どころや面白いと思うポイント・おすすめできる理由
  • 拝み屋郷内 花嫁の家の不満や改善点
  • 拝み屋郷内 花嫁の家のSNSでの評判

私は常々、自分の考えや見識に閉じていては世界が拡がらないと思っており、様々な方の書籍への感想や意見を参考にしながら、読む本を選んでいます。

しかし、Amazonや書評サイトのレビューって、文字数も少なくかなり浅い内容に留まってしまっている、と個人的には思っています。

もっとグッと深い読者の感想やレビューが読めたらいいのに・・・、と大友自身ずっと思っていました。そのように考える人は少なくないはず。

大友

本記事では、そのような私の思いを踏まえて、拝み屋郷内 花嫁の家の深い感想・レビューをご紹介していきます。見どころ、おすすめの理由や不満まで聞いていて必ずや参考になると思いますのでぜひご覧ください!

拝み屋郷内 花嫁の家の読者さん(インタビュイー)紹介

大友

最初に、感想レビューをお伺いした読者のプロフィールを簡単にご紹介します。

読者さん

私は30代女性、専業主婦です。

好きな本のジャンルは怪談、ホラー、ミステリー小説で、日本だけでなく海外作品もよく読みます

よろしくお願いします。

拝み屋郷内 花嫁の家の概要

大友

それでは早速ですが、拝み屋郷内 花嫁の家のおおまかな概要や要約・あらすじを教えてください。

読者さん

宮城県の片田舎で「拝み屋」という仕事をしている著者・郷内心瞳の実話怪談集です。

拝み屋に助けを求めに来る相談者やちょっと変わった来訪者が持ち込む不思議な話、自身が幼少期から悩まされている体験談、それらを実話怪談集としてまとめてあります。

とある女性が持ち込んだ相談も、拝み屋としてはよくある話だと最初は思っていた…

しかし、次から次へと繋がる真実、呪われた一族と白無垢の花嫁の関係性は?

二つの恐ろしい話が重なった連作怪談です。

拝み屋郷内 花嫁の家の作者郷内心瞳プロフィール

大友

著者である郷内心瞳さんについて簡単にご紹介します。

作者である郷内心瞳氏は、本当に宮城県で拝み屋の仕事をしています

家内安全等のご祈祷からお祓いや憑き物落としまで、元々はそちらが本業です。

そんな彼にしか体験できない、集められない怪談を書くのを得意としています。

拝み屋郷内 花嫁の家感想レビュー①:具体的な見どころ

大友

拝み屋郷内 花嫁の家の具体的な見どころは何でしょうか?

読者さん

本書の見どころは何といっても「実話であること」です。

実際に拝み屋をしている著者だからこそ知ることのできた世界、または呼び寄せてしまった怪異。

本書では「花嫁の家」と「母様の家」という恐ろしい二つの話が同時に進行していきます。

どちらも全く無関係な出来事が発端なのですが、とある一族によって運悪くも繋がってしまい、郷内氏の拝み屋人生で最も忌まわしいとされる大きな怪異へと発展してしまいます。

師匠や先輩の拝み屋の協力を得て挑むものの、悪意に満ちた異形の存在はあまりにも強すぎました。

かなり複雑で根深い話なのですが、一つ一つの話は数頁の怪談としてまとまっているので非常に読みやすいのもポイントだと思います。

そして何より怖いです。

▼以下リンクからAmazonの商品ページへ飛べます▼
拝み屋郷内 花嫁の家

拝み屋郷内 花嫁の家感想レビュー➁:面白さ・おすすめできる理由や読むメリット

大友

なるほど。では拝み屋郷内 花嫁の家はどんなところが面白いと思いますか?また拝み屋郷内 花嫁の家をおすすめできる理由や読んでよかった点は何でしょうか?

読者さん

昨今のブームもあって今やいろんな怪談が読める時代ですが、郷内心瞳氏の怪談集は群を抜いて怖いです。

自らの体験談が多いというのもありますが、文章力や語彙力のセンスが抜群なので、臨場感もあってぐいぐい引き込まれます。

中でもこの『花嫁の家』は話が壮大で、登場人物の数も規模もとてつもないので「読み応えのある怪談」ではNo.1です。

そういう意味ではありきたりな怪談に飽きてしまった人、長編ホラーが好きな人、実話が好きな人、あらゆる層のニーズに応えてくれる本でもあると思います。

更に拝み屋怪談シリーズでは、郷内氏が学生時代より悩まされている怪異があり、各書のメイン話とは別に同時進行していくのも面白いところです。

もちろんシリーズどこから読んでも一つの怪談集として楽しめるようになっていますが、シリーズ通して郷内氏ご自身の体験が進行していくので追いたくなること間違いなし。

拝み屋怪談シリーズの中で最もメジャーな作品が「花嫁の家」なので、シリーズ初心者でどういう作風か知りたい方に特にオススメです。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『拝み屋郷内 花嫁の家』を見る

拝み屋郷内 花嫁の家感想レビュー③:不満に思うところや読むデメリット

大友

逆に、拝み屋郷内 花嫁の家を読んで不満に思うことがや、改善を希望する点、読むデメリットがもしあれば教えてください。

読者さん

怪談集といっても一つまたは二つの大きな話がメインとなる連作短編のようなものなので、純粋な怪談を楽しみたい人には向かないと思います。

また、実話であるせいかオチがなかったり真相が分からない話も多々あるので、小説としてスッキリした読後感が欲しい人も物足りないかもしれません。

他の怪談やホラー小説との違いとして、作風が俯瞰ではなく著者の感情がそのままダイレクトに書かれている点も、郷内氏の考え方や価値観と合わない人はモヤモヤしてしまう可能性もあります。

そういう意味では、ただ怖い話を読むというよりは「一人の拝み屋さんの話を拝聴する」といった感じなので、著者の推測・解釈やその時どう思ったか等の感想は不要だと思う人には向きません。

拝み屋郷内 花嫁の家感想レビュー④:こんな人に向いている!読んで欲しい!

大友

ありがとうございます。最後に、拝み屋郷内 花嫁の家をどんな人におすすめしたいですか?

読者さん

本書をオススメしたい人はとにかく「怖い話が大好きな人」です。

仮にフィクションであっても十分怖い作品だと思いますが、実話怪談というジャンルがより一層恐ろしくしていると思います。

なかなか他では読めない怖い話が多数収録されているので、よくある怪談に飽きてしまった人、フィクションじゃ物足りない人に特にオススメしたいです。

この『花嫁の家』はドラマ化や漫画化もしているので、文章を読むのが苦手だなあという人は是非そちらも見てみてください。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『拝み屋郷内 花嫁の家』を見る

拝み屋郷内 花嫁の家の評判口コミ

深堀りインタビューで伺った拝み屋郷内 花嫁の家の感想レビューをご紹介しました。

加えて、拝み屋郷内 花嫁の家のSNS上での評判を集めましたので宜しければご覧ください。

まとめ:拝み屋郷内 花嫁の家はおすすめなのでぜひ読んで欲しい作品!

郷内心瞳の拝み屋郷内 花嫁の家について、読者へのインタビューを通じて実際に読んだ深い感想・レビューや、ネット上での評判をご紹介しました。

大友

拝み屋郷内 花嫁の家』面白そうですよね。興味がある、気になる方はぜひチェックしてみて下さい!

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『拝み屋郷内 花嫁の家』を見る

-文学・小説

© 2021 大友書籍レビュー.COM