文学・小説

『葉桜の季節に君を想うということ』(歌野 晶午)の感想レビュー評判まとめ!面白さ・おすすめ理由・不満ポイント

ごはんよりも寝るよりも、何よりも本が好きで3000冊以上は読んでいる大友です!

こちらの記事では、そんな大友が歌野 晶午の『葉桜の季節に君を想うということ』について、読者への直接インタビューで聞いた生の感想・レビューをお届けしています!

大友

葉桜の季節に君を想うということは人気ですので、気になっている、あるいは読もうかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか?そんな時に読者の感想・レビューは参考になりますよね。

本記事では『葉桜の季節に君を想うということ』の以下項目について、かなり具体的かつ詳細な読者の声を掲載しています。

本記事で分かること

  • 葉桜の季節に君を想うということの大まかな内容・要約・あらすじ
  • 葉桜の季節に君を想うということの見どころや面白いと思うポイント・おすすめできる理由
  • 葉桜の季節に君を想うということの不満や改善点
  • 葉桜の季節に君を想うということのSNSでの評判

私は常々、自分の考えや見識に閉じていては世界が拡がらないと思っており、様々な方の書籍への感想や意見を参考にしながら、読む本を選んでいます。

しかし、Amazonや書評サイトのレビューって、文字数も少なくかなり浅い内容に留まってしまっている、と個人的には思っています。

もっとグッと深い読者の感想やレビューが読めたらいいのに・・・、と大友自身ずっと思っていました。そのように考える人は少なくないはず。

大友

本記事では、そのような私の思いを踏まえて、葉桜の季節に君を想うということの深い感想・レビューをご紹介していきます。見どころ、おすすめの理由や不満まで聞いていて必ずや参考になると思いますのでぜひご覧ください!

葉桜の季節に君を想うということの読者さん(インタビュイー)紹介

大友

最初に、感想レビューをお伺いした読者のプロフィールを簡単にご紹介します。

読者さん

30代男性で医療専門職です。

好きな本のジャンルはどんでん返しのミステリーで、今は十角館の殺人を読んでいます。

よろしくお願いします。

葉桜の季節に君を想うということの概要

大友

それでは早速ですが、葉桜の季節に君を想うということのおおまかな概要や要約・あらすじを教えてください。

読者さん

若い頃に探偵のアルバイトをしていた主人公。今はパソコン教室の講師や警備員など様々な顔を持ち、女性との付き合いも一夜限りの相手が何人もいるほどの精力ぶり。

彼の前に電車への投身自殺を企てる女性が現れたことから物語は始まります。彼女を寸前のところで助けた主人公のもとに、ある事件の相談が持ち込まれます。

彼は元探偵の性分で何となくその事件を追うことになりますが、その途中で助けた彼女が大きくその事件に関与することが判明します。ラストは衝撃の物語が待っています。

葉桜の季節に君を想うということの作者歌野 晶午プロフィール

大友

著者である歌野 晶午さんについて簡単にご紹介します。

1961年生まれの日本の小説家で、本名は歌野博史。1988年に「長い家の殺人」でデビュー。

この「葉桜の季節に君を想うということ」で2004年の「このミステリーがすごい!、本格ミステリ・ベスト10」の各1位に選ばれました。

葉桜の季節に君を想うということ感想レビュー①:具体的な見どころ

大友

葉桜の季節に君を想うということの具体的な見どころは何でしょうか?

読者さん

この本の見どころはなんといっても最後のどんでん返しにあります。基本的に細かいお話が登場人物の1人称目線で語られるので感情移入がしやすくて、その人物がある事件に複雑に絡んでいくため、次はどんな展開になるのか非常にワクワクします。

どんでん返しものの傑作に共通ですが、最初は物語が丁寧に語られながらも読者は少しの違和感を持ちます。その後、中盤、終盤に差し掛かるにつれてスピード感が増し、途中で読む手が止まらなくなります。

最後には登場人物に対する衝撃の事実が明かされますが、イやな気持ちになるのではなくある種の爽快感が生まれます。そして必ず2度読みたくなります。2度読むと少しずつですが違和感であった伏線が張り巡らされることに気づきます。

▼以下リンクからAmazonの商品ページへ飛べます▼
葉桜の季節に君を想うということ

葉桜の季節に君を想うということ感想レビュー➁:面白さ・おすすめできる理由や読むメリット

大友

なるほど。では葉桜の季節に君を想うということはどんなところが面白いと思いますか?また葉桜の季節に君を想うということをおすすめできる理由や読んでよかった点は何でしょうか?

読者さん

どんでん返しのミステリー好きの私としては、読後感が嫌な気持ちになる作品が多い(嫌ミスも私は好みですが)なか、この作品は読後に爽快感があります。それは読者がだまされた!という感覚が非常に強いと同時に、登場人物たちの真実に関してとても考えさせられる設定となっているからです。

また、この作品は30代の今読んでも面白いですし、60代になって読むとまた違った面白さがあると思います。しかし、どんでん返しものの常ですがその衝撃度はやはり初めて読む時がマックスです。

その真実を知ってしまった今では、2度目に読む時は伏線をじっくりと読むという楽しみ方をすると思います。小説などを読んでもすぐにストーリーを忘れてしまうという方にとっては最適な作品ではないでしょうか。

30代、40代、50代、60代と完全にストーリーを忘れたころに読み直すと新鮮な感動とともに、その年代特有の感想が生まれること間違いなしです。老若男女におすすめの作品です。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『葉桜の季節に君を想うということ』を見る

葉桜の季節に君を想うということ感想レビュー③:不満に思うところや読むデメリット

大友

逆に、葉桜の季節に君を想うということを読んで不満に思うことがや、改善を希望する点、読むデメリットがもしあれば教えてください。

読者さん

改善できない点ですが、2度目は驚かないというのはミステリー物のサガでしょう。しかし、2回目以降は違った楽しみ方が出来ると思います。

もう一つ注意しなければいけないのは、冒頭から少し激しい性的な描写があったり、中盤で殺人事件がありますがヤクザが絡む話なので刺激が強い作品となっています。

しかし眼も当てられないと言うほどではありませんし、この程度の刺激が無いとミステリーとしては面白くないと考えます。繊細な気持ちをお持ちの方にはこのような注意点があることをお伝えしました。

また、この作品は映像化出来ないであろうことが、個人的にはとても残念です。こんな良質な小説を読んだ後は必ず映画やアニメなどの映像化作品でもう一度楽しみたいと思う自分には物足りないです。

葉桜の季節に君を想うということ感想レビュー④:こんな人に向いている!読んで欲しい!

大友

ありがとうございます。最後に、葉桜の季節に君を想うということをどんな人におすすめしたいですか?

読者さん

大どんでん返しのミステリーが好きな人には特におすすめです。私は湊かなえさんが書くような読後にいやーな気持ちになる嫌ミスが割と好きですが、この作品は読後に前向きになれる作品です。

また、最近年をとって疲れてきたなと感じる人にもおすすめです。その理由はこの作品を読めば必ず分かります。

30代の私が読んでもとても面白いと感じましたし、年を重ねるにつれ楽しみ方が異なる作品ですので老若男女におすすめです。また、探偵やヤクザ、詐欺などの言葉に反応する人にもおすすめです。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『葉桜の季節に君を想うということ』を見る

葉桜の季節に君を想うということの評判口コミ

深堀りインタビューで伺った葉桜の季節に君を想うということの感想レビューをご紹介しました。

加えて、葉桜の季節に君を想うということのSNS上での評判を集めましたので宜しければご覧ください。

まとめ:葉桜の季節に君を想うということはおすすめなのでぜひ読んで欲しい作品!

歌野 晶午の葉桜の季節に君を想うということについて、読者へのインタビューを通じて実際に読んだ深い感想・レビューや、ネット上での評判をご紹介しました。

大友

葉桜の季節に君を想うということ』面白そうですよね。興味がある、気になる方はぜひチェックしてみて下さい!

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『葉桜の季節に君を想うということ』を見る

-文学・小説

© 2021 大友書籍レビュー.COM