文学・小説

『完全犯罪に猫は何匹必要か?』(東川篤哉)の感想レビュー評判まとめ!面白さ・おすすめ理由・不満ポイント

ごはんよりも寝るよりも、何よりも本が好きで3000冊以上は読んでいる大友です!

こちらの記事では、そんな大友が東川篤哉の『完全犯罪に猫は何匹必要か?』について、読者への直接インタビューで聞いた生の感想・レビューをお届けしています!

大友

完全犯罪に猫は何匹必要か?が、気になっている、あるいは読もうかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか?そんな時に読者の感想・レビューは参考になりますよね。

本記事では『完全犯罪に猫は何匹必要か?』の以下項目について、かなり具体的かつ詳細な読者の声を掲載しています。

本記事で分かること

  • 完全犯罪に猫は何匹必要か?の大まかな内容・要約・あらすじ
  • 完全犯罪に猫は何匹必要か?の見どころや面白いと思うポイント・おすすめできる理由
  • 完全犯罪に猫は何匹必要か?の不満や改善点
  • 完全犯罪に猫は何匹必要か?のSNSでの評判

私は常々、自分の考えや見識に閉じていては世界が拡がらないと思っており、様々な方の書籍への感想や意見を参考にしながら、読む本を選んでいます。

しかし、Amazonや書評サイトのレビューって、文字数も少なくかなり浅い内容に留まってしまっている、と個人的には思っています。

もっとグッと深い読者の感想やレビューが読めたらいいのに・・・、と大友自身ずっと思っていました。そのように考える人は少なくないはず。

大友

本記事では、そのような私の思いを踏まえて、完全犯罪に猫は何匹必要か?の深い感想・レビューをご紹介していきます。見どころ、おすすめの理由や不満まで聞いていて必ずや参考になると思いますのでぜひご覧ください!

完全犯罪に猫は何匹必要か?の読者さん(インタビュイー)紹介

大友

最初に、感想レビューをお伺いした読者のプロフィールを簡単にご紹介します。

読者さん

30代の女性、専業主婦です。

好きな本のジャンルはミステリー系ですが、エンタメ系の強い小説はよく読みます

よろしくお願いします。

完全犯罪に猫は何匹必要か?の概要

大友

それでは早速ですが、完全犯罪に猫は何匹必要か?のおおまかな概要や要約・あらすじを教えてください。

読者さん

架空の地方都市である烏賊川市を舞台に起きた殺人事件を、鵜飼というどこかとぼけたちょっと頼りない探偵と助手の戸村のコンビが解決するシリーズ物の第3段です。

探偵、鵜飼が大金を積まれて依頼されたのは『招き寿司』チェーン社長、豪徳寺の愛猫探しでした。

ところが鵜飼が猫を探している間に、依頼主の豪徳寺は何者かに自宅のビニールハウスで殺害されてしまいます。

おまけに何故か現場には巨大な招き猫まで置かれていて…?

謎が謎を呼ぶ、ならぬ猫が猫を呼ぶ猫満載ミステリーです。

完全犯罪に猫は何匹必要か?の作者東川篤哉プロフィール

大友

著者である東川篤哉さんについて簡単にご紹介します。

作者の東川さんは広島県出身の推理作家さんです。

代表作には、嵐の櫻井翔さんが主演をされて話題にもなったドラマ「謎解きはディナーのあとで」シリーズがあります。

また、同作品で第8回本屋大賞を受賞されています。

完全犯罪に猫は何匹必要か?感想レビュー①:具体的な見どころ

大友

完全犯罪に猫は何匹必要か?の具体的な見どころは何でしょうか?

読者さん

ミステリー作品になっていますので、一番のおすすめはやはり最後に謎が解けるシーンになるかと思います。

物語の中に出てきた全てのトリック、事件の意味、そして物語に登場する飼い猫から招き猫まで様々な猫の登場する意味まで、全てが謎解き編できれいに解き明かされていきます。

基本的に東川さんの書かれている小説の中に出てくる謎はトリック重視の本格派と言われていますが、個人的に東川さんのほかの作品と比較して、謎解き部分を読んだ時の「成程、こういうことだったのか!」という納得感、様々な伏線が回収され鮮やかに一本の線となり解決していく様を読み進めるときのわくわく感、そして読み終わった後の爽快感は、シリーズ一番だったのではないかと思いました。

▼以下リンクからAmazonの商品ページへ飛べます▼
完全犯罪に猫は何匹必要か?

完全犯罪に猫は何匹必要か?感想レビュー➁:面白さ・おすすめできる理由や読むメリット

大友

なるほど。では完全犯罪に猫は何匹必要か?はどんなところが面白いと思いますか?また完全犯罪に猫は何匹必要か?をおすすめできる理由や読んでよかった点は何でしょうか?

読者さん

東川さんの著書の全シリーズ通して言えることですが、登場人物が主役の人々から脇役の方々まで、皆さんかなり濃いキャラクターで描かれていて、とても魅力的です。

よくも悪くも少し現実離れしていて、まるで漫画のキャラクターのように感じることもあります。

また、そのような登場人物達の繰り広げるドタバタ劇やコミカルな会話がとても面白く、思わず声をあげて笑ってしまうシーンが何度もあります。

ラフな文章になっているので、面白さと合わせてさらさらと読める作品です。

ですが、その面白さの中にしっかりと謎やその伏線が張り巡らされているので、キャラクターたちの面白さに気を取られてしまい油断していると、いつの間にか本格的な謎解きに突入しています。(とはいっても、注意していたところで笑えるほど面白いですし、結局私は謎が解けたためしがないのですが。)

この、物語全体を通したユーモラスな文章と、良くも悪くも同じ人が書いているとは思えない本格的な謎解きのギャップが、この作品の最大の魅力ではないかと思います。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『完全犯罪に猫は何匹必要か?』を見る

完全犯罪に猫は何匹必要か?感想レビュー③:不満に思うところや読むデメリット

大友

逆に、完全犯罪に猫は何匹必要か?を読んで不満に思うことがや、改善を希望する点、読むデメリットがもしあれば教えてください。

読者さん

先にも書いているのですが、ユーモラスな表現が至る所にちりばめられていて、大変面白く、笑える作品になっています。

我慢しようと思っていても、ついつい物語に集中すると、思わず声をあげて笑ってしまうこともよくある作品なので、電車の中など、通勤時に読んでしまうと、思わず笑ってしまい、周囲から奇異の目で見られてしまうかもしれません。

なので、人が多くいる場所で読むことはお勧めできません。

同じ理由で、図書館など静かなところもお勧めできません。

また、この物語は長編なので、続きがきになってしまうので、夜寝る前に少し読もう、等ということもやめたほうがいいと思います。

面白すぎるので、結局徹夜で読む羽目になってしまいます。

完全犯罪に猫は何匹必要か?感想レビュー④:こんな人に向いている!読んで欲しい!

大友

ありがとうございます。最後に、完全犯罪に猫は何匹必要か?をどんな人におすすめしたいですか?

読者さん

ミステリーを読んでみたいなと思うけれども、どんな作品を読んだらいいかわからない、あまり重すぎる話はちょっと…という方には大変お勧めです。

ミステリー作品なので殺人事件は発生しますが、全体的にコミカルな文章で書かれていますので、物語が重くなりすぎることはなく、すらすらと読むことができます

そして勿論事件の鍵となるトリックや謎解きは本格的なので、ミステリー作品の面白さを体験してみたいという方にも、きっとご満足頂けるのではないかと思います。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『完全犯罪に猫は何匹必要か?』を見る

完全犯罪に猫は何匹必要か?の評判口コミ

深堀りインタビューで伺った完全犯罪に猫は何匹必要か?の感想レビューをご紹介しました。

加えて、完全犯罪に猫は何匹必要か?のSNS上での評判を集めましたので宜しければご覧ください。

まとめ:完全犯罪に猫は何匹必要か?はおすすめなのでぜひ読んで欲しい作品!

東川篤哉の完全犯罪に猫は何匹必要か?について、読者へのインタビューを通じて実際に読んだ深い感想・レビューや、ネット上での評判をご紹介しました。

大友

完全犯罪に猫は何匹必要か?』面白そうですよね。興味がある、気になる方はぜひチェックしてみて下さい!

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『完全犯罪に猫は何匹必要か?』を見る

-文学・小説

© 2021 大友書籍レビュー.COM