文学・小説

『隻眼の少女』(麻耶雄嵩)の感想レビュー評判まとめ!面白さ・おすすめ理由・不満ポイント

ごはんよりも寝るよりも、何よりも本が好きで3000冊以上は読んでいる大友です!

こちらの記事では、そんな大友が麻耶雄嵩の『隻眼の少女』について、読者への直接インタビューで聞いた生の感想・レビューをお届けしています!

大友

隻眼の少女が、気になっている、あるいは読もうかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか?そんな時に読者の感想・レビューは参考になりますよね。

本記事では『隻眼の少女』の以下項目について、かなり具体的かつ詳細な読者の声を掲載しています。

本記事で分かること

  • 隻眼の少女の大まかな内容・要約・あらすじ
  • 隻眼の少女の見どころや面白いと思うポイント・おすすめできる理由
  • 隻眼の少女の不満や改善点
  • 隻眼の少女のSNSでの評判

私は常々、自分の考えや見識に閉じていては世界が拡がらないと思っており、様々な方の書籍への感想や意見を参考にしながら、読む本を選んでいます。

しかし、Amazonや書評サイトのレビューって、文字数も少なくかなり浅い内容に留まってしまっている、と個人的には思っています。

もっとグッと深い読者の感想やレビューが読めたらいいのに・・・、と大友自身ずっと思っていました。そのように考える人は少なくないはず。

大友

本記事では、そのような私の思いを踏まえて、隻眼の少女の深い感想・レビューをご紹介していきます。見どころ、おすすめの理由や不満まで聞いていて必ずや参考になると思いますのでぜひご覧ください!

隻眼の少女の読者さん(インタビュイー)紹介

大友

最初に、感想レビューをお伺いした読者のプロフィールを簡単にご紹介します。

読者さん

30代男性で、スーパーで品出し作業などを行っています。色々なジャンルの本を読みますが特に"アルジャーノンに花束を"のようにメッセージ性のある本が好きです。

よろしくお願いします。

隻眼の少女の概要

大友

それでは早速ですが、隻眼の少女のおおまかな概要や要約・あらすじを教えてください。

読者さん

主人公がとある伝説のある地方に旅行に行くと殺人事件に巻き込まれてしまい、しかもあろうことか犯人だと思われてしまいます。

しかしそこで登場した水干を着た隻眼の少女の探偵により主人公は潔白を証明され、その少女の助手見習いとしてその事件の犯人捜索の協力をすることになります。

その地方の変わった伝説や家系など複雑な点を探りながら、次々と起こる殺人事件に主人公と隻眼の少女が少しずつ証拠を集めて犯人を突き止める作品です。

隻眼の少女の作者麻耶雄嵩プロフィール

大友

著者である麻耶雄嵩さんについて簡単にご紹介します。

作者は本格的なミステリー小説家で、"このミステリーがすごい"の上位に何度もランクインし、シリーズものの推理小説も書いている方です。

また"隻眼の少女"では日本推理作家協会賞と第11回本格ミステリ大賞を受賞しました。

隻眼の少女感想レビュー①:具体的な見どころ

大友

隻眼の少女の具体的な見どころは何でしょうか?

読者さん

推理小説なのでメインは推理ですが、水干の隻眼の少女探偵と主人公のやり取りや心理描写もこの作品では見どころの一つです。いわゆるツンデレ的要素の強い少女探偵が時おり主人公に見せる弱気にも見える態度は読んでいて人間味があふれていてキャラクターが生きていて良いです。

特に隻眼の少女探偵が主人公にとある、人生において重要なお願いをしたシーンと、なぜ彼女が隻眼なのかというのが発覚したシーンはかなりの衝撃でした。二部構成となっていて後半は彼女の娘が主人公的探偵というのも面白いです。

またこの作品には非常にミスリードが多く、どれがミスリードでどれが重要な証拠なのかを小説を読みながら一緒に考えられるのも面白いポイントの一つです。

▼以下リンクからAmazonの商品ページへ飛べます▼
隻眼の少女

隻眼の少女感想レビュー➁:面白さ・おすすめできる理由や読むメリット

大友

なるほど。では隻眼の少女はどんなところが面白いと思いますか?また隻眼の少女をおすすめできる理由や読んでよかった点は何でしょうか?

読者さん

やはり面白いのはミステリー小説なので推理要素ですが、この作品の特に強い魅力はミスリードの多さ、意外性の強さです。細かい部分まで読んでみないとわからない犯人の推測と、逆に言うと細かい部分を読むと想像ができてくる犯人の正体は流石本格ミステリー作家としか言いようがありません。

またこの作者の大きな長所の一つでもあるのが文体で、単純な推理小説とは思えないほどに少し難しい言い回しが多く推理小説を読みながらストイックな純文学作品を読んでいるかのような感覚に浸れます。

その情景を思い浮かべることが可能なほど随所随所まで緻密な現場の説明がされるので、頭はかなり使うかもしれませんがその分読みごたえがあり、人によっては推理しやすい小説と言えるかもしれません。

犯人の使用した道具やトリックも納得のいく伏線が至るところに散りばめられているので、推理小説として読んで損のない内容となっているでしょう。また推理小説には珍しく心理描写も細かいのがメリットです。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『隻眼の少女』を見る

隻眼の少女感想レビュー③:不満に思うところや読むデメリット

大友

逆に、隻眼の少女を読んで不満に思うことがや、改善を希望する点、読むデメリットがもしあれば教えてください。

読者さん

意外性があるし伏線も至るところに散りばめられていたとはいえ、その人物を犯人にするのは少し反則ではないかという感想が人によっては出ると思います。

またトリックも多いですがミスリードがあまりにも多く読んでいて疲れる人も多いと思います。隻眼の少女探偵のツンデレ的な性格も人によっては受け付けず終始読んでいてイライラするかもしれません。また現場の警察のあまりの無能っぷりも大きなマイナス点です。

単純に犯人にアッサリと不意打ちを食らうだけでなく殆ど身体検査などもしなかったりと明らかに警察関係者が無能です。また犯人でもなんでもない人物が犯人だと言われて突然謎の自白をするシーンは、気が弱くてうっかり自分が犯人だと思ってしまったというには無理があるとしか言いようがありませんでした。

隻眼の少女感想レビュー④:こんな人に向いている!読んで欲しい!

大友

ありがとうございます。最後に、隻眼の少女をどんな人におすすめしたいですか?

読者さん

単純に推理小説を読んでみたい人にはやはりオススメできます。実際にミステリーで受賞する作品というのはどういったものなのか、どのくらい伏線やミスリードがあるものなのかなどの参考が知りたい人にもオススメです。

また一般的な推理小説に少し飽きてきていてもっと意外性のある読んでいてビックリするような推理小説を読みたいという方や、推理を楽しみながら心理描写や文学的表現も楽しみたいという方は是非とも読んでみると良いと思います。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『隻眼の少女』を見る

隻眼の少女の評判口コミ

深堀りインタビューで伺った隻眼の少女の感想レビューをご紹介しました。

加えて、隻眼の少女のSNS上での評判を集めましたので宜しければご覧ください。

まとめ:隻眼の少女はおすすめなのでぜひ読んで欲しい作品!

麻耶雄嵩の隻眼の少女について、読者へのインタビューを通じて実際に読んだ深い感想・レビューや、ネット上での評判をご紹介しました。

大友

隻眼の少女』面白そうですよね。興味がある、気になる方はぜひチェックしてみて下さい!

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『隻眼の少女』を見る

-文学・小説

© 2021 大友書籍レビュー.COM