文学・小説

『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』(麻耶 雄嵩)の感想レビュー評判まとめ!面白さ・おすすめ理由・不満ポイント

ごはんよりも寝るよりも、何よりも本が好きで3000冊以上は読んでいる大友です!

こちらの記事では、そんな大友が麻耶 雄嵩の『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』について、読者への直接インタビューで聞いた生の感想・レビューをお届けしています!

大友

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件が、気になっている、あるいは読もうかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか?そんな時に読者の感想・レビューは参考になりますよね。

本記事では『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』の以下項目について、かなり具体的かつ詳細な読者の声を掲載しています。

本記事で分かること

  • 翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件の大まかな内容・要約・あらすじ
  • 翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件の見どころや面白いと思うポイント・おすすめできる理由
  • 翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件の不満や改善点
  • 翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件のSNSでの評判

私は常々、自分の考えや見識に閉じていては世界が拡がらないと思っており、様々な方の書籍への感想や意見を参考にしながら、読む本を選んでいます。

しかし、Amazonや書評サイトのレビューって、文字数も少なくかなり浅い内容に留まってしまっている、と個人的には思っています。

もっとグッと深い読者の感想やレビューが読めたらいいのに・・・、と大友自身ずっと思っていました。そのように考える人は少なくないはず。

大友

本記事では、そのような私の思いを踏まえて、翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件の深い感想・レビューをご紹介していきます。見どころ、おすすめの理由や不満まで聞いていて必ずや参考になると思いますのでぜひご覧ください!

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件の読者さん(インタビュイー)紹介

大友

最初に、感想レビューをお伺いした読者のプロフィールを簡単にご紹介します。

読者さん

30代男性でスーパーで働いています。

様々なジャンルの本を読みますが"アルジャーノンに花束を"のようにメッセージ性の強いものが特に好きです。

よろしくお願いします。

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件の概要

大友

それでは早速ですが、翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件のおおまかな概要や要約・あらすじを教えてください。

読者さん

主人公と探偵の木更津が、謎の依頼を元に怪しすぎる洋館に調査をしに行き、そこで様々な殺人事件に遭遇してしまいます。

そして更にメルカトル鮎という謎の探偵も現れ、事件は謎に謎が絡まりあってしまうばかりです。

依頼された洋館全体が複雑な構造となっている上に不気味な雰囲気に包まれており、またそこに住んでいる人々の家系も非常に複雑かつ難解で謎が謎を呼ぶストーリーとなっています。

次から次へと起こる殺人事件に対して名探偵と主人公はどう立ち向かうのかが本筋です。

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件の作者麻耶 雄嵩プロフィール

大友

著者である麻耶 雄嵩さんについて簡単にご紹介します。

教養が試される感じのかなり文語的で難しい表現を使いつつ、読者皆がビックリしてしまうような奇想天外な推理小説もよく書く方ですが、推理小説家としての実力はかなりのもので日本推理作家協会賞や本格ミステリー大賞などの受賞経歴があります。

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件感想レビュー①:具体的な見どころ

大友

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件の具体的な見どころは何でしょうか?

読者さん

推理小説でありながら文体が非常に面白く、登場人物も非常に個性的で面白いポイントの一つです。

メインの探偵の木更津はあやとりをしたりどこかマイペースな感じで、謎の探偵メルカトル鮎の方はどこか人を小ばかにしたような態度が面白いです。

犯人が発覚し、しかもその正体が実はとんでもない存在だったときのインパクトはあらゆる小説の中でも群を抜いていると思います。

また木更津が2度目にやってしまった迷推理は殆どの人が驚愕したのではないでしょうか。

文体に関しては他の有名な小説や実際の事件の引用などもあり、教養が試される感じで面白いポイントです。

登場人物の多さと殺人事件の多さが読者を飽きさせないようになっているのもとても良い部分と言えるでしょう。

▼以下リンクからAmazonの商品ページへ飛べます▼
翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件感想レビュー➁:面白さ・おすすめできる理由や読むメリット

大友

なるほど。では翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件はどんなところが面白いと思いますか?また翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件をおすすめできる理由や読んでよかった点は何でしょうか?

読者さん

推理小説ですが、文体が非常に面白く単純に読んでいて娯楽作品的に面白いです。

次々に起こる殺人事件に対し名探偵の木更津が殆ど動揺せずにマイペースに推理を進めたり、迷探偵のメルカトル鮎がとんでもない推理をしてみせたりと読んでいて終始面白いです。

息を吐く間もなく次から次へと事件が起こるのも読んでいて読者を飽きさせない内容になっていて良いです。

洋館の雰囲気や人々の様子も描写が非常に細かく、その場にいるかのように想像できるのが推理小説として読者も一緒に楽しめる点もとても良いポイントです。

また他の小説の引用や実際の歴史の話などが本編でかなり登場するので教養を深めるのにも良い小説だと思います。

勿論推理小説ですのでトリックはしっかりしたもので見どころです。

ボリュームの多さから体力は使うかもしれませんが、一度読んで事件の真相がわかった上で更に読み直すと一つの本で二倍楽しめると思います。

直接的な殺人描写はほぼないので残酷なものが苦手な人が楽しめるのもメリットと言えるでしょう。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』を見る

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件感想レビュー③:不満に思うところや読むデメリット

大友

逆に、翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件を読んで不満に思うことがや、改善を希望する点、読むデメリットがもしあれば教えてください。

読者さん

木更津の二度目の迷推理はいくらなんでも探偵としてそんな推理はありえないだろというのが不満点です。

マイペースにあやとりをして格好良いと思ったら、思いっきり外すというのは読んでいて正直少し木更津が情けないと感じました。

また犯人が常人を遥かに超えたような体力を持っていてトリックに無理があると感じました。

犯人の正体もあまりにもトンデモな内容となっているので、純粋に推理小説を読みたい方にはかなり不自然な作品に思われるのではないでしょうか。

文体が面白いのがメリットの一つですが、同時にそのせいで細かい描写が多く少し推理小説にしては読むのに体力が必要な難しい内容となっており、人によっては大きいデメリットと言えるでしょう。

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件感想レビュー④:こんな人に向いている!読んで欲しい!

大友

ありがとうございます。最後に、翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件をどんな人におすすめしたいですか?

読者さん

一風変わった推理小説を読んでみたい方に是非ともオススメしたい作品です。

また次から次へと事件が起こるので退屈はしませんが、文体がやや難しく教養が深められる内容になっているので純粋に文学を読みたいという方も楽しめると思います。

普通のトリックには少し飽きていて思わずビックリしてしまうようなトリックを楽しみたい方にオススメです。

意外と小説と言うより映画のダヴィンチコードなどが好きな方こそ楽しめる内容となっているかもしれません。

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』を見る

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件の評判口コミ

深堀りインタビューで伺った翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件の感想レビューをご紹介しました。

加えて、翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件のSNS上での評判を集めましたので宜しければご覧ください。

https://twitter.com/srkm02/status/1286828243367075840

まとめ:翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件はおすすめなのでぜひ読んで欲しい作品!

麻耶 雄嵩の翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件について、読者へのインタビューを通じて実際に読んだ深い感想・レビューや、ネット上での評判をご紹介しました。

大友

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』面白そうですよね。興味がある、気になる方はぜひチェックしてみて下さい!

▼以下ボタンからAmazon商品ページへ飛びます▼

Amazonで『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』を見る

-文学・小説

© 2021 大友書籍レビュー.COM